労働収入は最高です!特徴や種類を細かく解説

労働収入の特徴

労働収入は、すでに持っている人が多いので、持っていることにありがたみを感じていない人も少なくないですが、トリオインカムの重要な1つの収入の柱になりますので、しっかりと取り入れておきたいです。

特徴

  • 収入の確実性が高い
  • 収入を得るまでのスピードが速い
  • 大きな収益を得られにくい
  • 労働時間が長くなりやすい
  • 病気や怪我で収入がストップしてしまう可能性がある

「働けば収入を得られる」ということで、収入の確実性が高いです。もちろん、収入の多い、少ないはあるでしょうけれど、他の収入に比べて、一番コントロールしやすく、収入を得るまでのスピードが速いです。

そして、提供サービスの単価によっては、大きな収益を得られる場合もありますが、労働収入は時間を売る形になりますので、大きな収益を得ることが難しい場合が多いです。そのため、稼ごうとすると労働時間が長くなってしまうこともあります。

また、労働収入は、労働をしないと収益を得られないので、自分が病気や怪我をした場合は、収益がストップしてしまう点には注意しましょう。

メリット・デメリット両方ありますが、デメリットが全くない、スーパーマンみたいなものは、この世にはありませんので、デメリットがあるからといって悪いわけではありません。

特徴を知った上で、トリオインカムの他の収入タイプでそれぞれのデメリットを補い合うという思考が大切です。

労働収入の種類

労働収入の種類としては、本当に色々なものがありますが、ピックアップすると・・・

  • 会社勤め
  • 個人事業
  • コンサルティング
  • トレンド系アフィリエイト
  • 転売

私の意見としては、

  • 会社員
  • コンサルティング(個人事業)

のどちらかとすることが私のお勧めします。

会社員の時間的拘束は非常に長いですが、その代わりに、個人事業主では得られないものがいっぱいありますから。(信用や保険など)

もし、あなたが会社員を辞めたいと思っているのであれば、コンサルティング業が私のお勧めです。

ただし、コンサルティングで教えるものがないという場合は、トレンド系アフィリエイトまたは、転売をすると良いです。

私は、オンラインでの仕事が一番効率が良いと思うので、できるだけ、オンラインで完結できるものを紹介していますが、当然、この他にも色々な種類の労働収入があります。

コンサルティングがなぜ良いか?

私は会社から独立した場合、労働収入としてコンサルティングを必ずお勧めしています。

なぜかというと、他の、

  • 会社員
  • トレンド系アフィリエイト
  • 転売

のように、他人に報酬が決められているというものではなく、コンサルティングは自分で単価を決めることができるからです。

例えば、会社員は、言わずものがな、お給料は決まっていますし、トレンド系アフィリエイトは、広告主の一声で、紹介あたりの単価が上下します。また、転売の場合も、他の人も同じ品物を売っている場合もありますので、相場はほぼ決まっています。

一方で、コンサルティングの場合は、需要があることが当然前提としてありますが、特に相場なんてありません。より良いサービスは高額にしても良いわけですので、サービスに付加価値をつけたり、逆にシンプルにしたりするなどして、1件あたりの単価を自分で考えることができます。

収入のコントロールをする上で、労働収入は、コンサルティングが良いというのは、そういった理由です。

教えるものがない!と焦らないで

私も特に、得意なものがあったわけではありません。私自身は、最初は、労働収入ではなく、受動収入からはじめました。

なので、会社員をしている人が圧倒的に多いと思いますから、最初はパワーサイト系アフィリエイトや PPCアフィリエイトの受動収入からはじめたら良いのです。

そうすれば、受動収入が出来上がっていることには、パワーサイトの作り方やPPCアフィリエイトができるようになっていて、コンサルティングが行え、労働収入を得ることができる状況になっているはずです。

また、自分が好きなものをコンサルティングするのでも良いのです。占いやスピリチュアル、コーチングのような自分の趣味の延長のサービスを個人でやっている方もいらっしゃいます。私に関しても、美容・健康のコンサルティングは、私の趣味の延長のようなものですし、特別に得意というものではありませんでした。

労働収入は情熱をかけられるものを選ぶことが大事

労働収入は、情熱をかけられるものを選ぶことが大事です。

他の、受動収入やポートフォリオ収入は、どちらかというと、収益の効率化や最大化をしていくため、好き嫌いで選ぶものではありません。

ですが、労働収入は、1番、自分の時間を費やす種類のものです。いわば、人生をすり減らして獲得する収入です。

なので、情熱をかけられなければ、続けることができません。

私も、最初、コンサルティングで稼ぐ系分野をしましたが、情熱を持つことができませんでした。そのため、続けることができず、すぐにドロップアウトしてしまいました。

「我慢が足りないだけ」と言われれば、そこまでなのですが、我慢しながら他人をコンサルティングをしても、うまくいかないでしょう。それよりも、自分が情熱を持てる分野で、なおかつ、需要があるものを探したほうが、うまく回るはずです。

実際に、私は、美容・健康分野のコンサルティングをしてから、激戦分野にも関わらず、他にはないユニークなサービスを思いついたり、それによって、口コミでの紹介をいただいたりなど、うまくいっている感じがあります。

労働収入は1つだけにしよう

労働収入は、必ず1つだけにしましょう。

労働収入を2こ、3こと増やしていくと、自分の時間がなくなってしまいます。

例えば、普段は会社員として働き、夜は、コンビニでアルバイトという人もたまに聞きますが、それをすると、自分の時間がなくなるだけで、自転車操業状態になります。頑張っても、頑張っても、楽にはなりません。

また、オンラインで起業している人にも、転売をしながら、コンサルティングをしている人もいます。ある程度、ネットのツールで自動化をしているとはいえ、労働収入ですから、手数は多いはずです。どちらかをうまく外注化し、受動収入化しなければ、働き詰めになってしまいます。

労働収入のポイントは、1つを丁寧に、取り組むことが大切です。

労働収入こそ、自分のルールで、好きなように仕事ができ、一番情熱をかけることができる最高のものです。